こんばんは

先日、キッチンの背面収納をIKEAの3つのアイテムで作ってみました

(昨日の記事もどうぞ↑【IKEA】キッチンの背面収納を作ってみました!

本日は、どのような感じで作ったのか、少しご紹介させていただきますね

どなたかのご参考になれば幸いです

それではどうぞ↓
ghjhjsfdsd
まずは古いキッチンボードを撤去しました。
上下が別々になるタイプのものだったので、比較的簡単に運び出す事が出来ました。


今回、IKEAでキッチンの背面収納を作ろうと思ったのは、自分の好みのサイズや雰囲気に出来る事と、低予算で!が希望だったからです(;^ω^)
ikeadsagdgada
各キッチンメーカーさんの備え付けの、しっかりしたものを設置するとなると、安くても20万円くらい~になってしまうのではないでしょうかね

自分で何とか組み合わせて作った方が安いかなと。

IKEAで購入したものは、↓の3つのアイテムです。
ikeasdaghdgajks
①ワークトップ
②チェスト
③長さ調節可能な脚(2本)

とても簡単な構成になっていまして、チェストの上にワークトップを乗せ、片側にチェストの高さと合わせた調節可能な脚を取り付けて、全体的にワークトップを支える、といった感じです。

このワークトップが好みの色で、IKEAのアイテムたちを使って作ってみよう!と思った理由でもあります
ikeakarlby

ikeaghjasdad
“KARLBY/カールビー”のオークで、長さ181cm、奥行45cm、厚さ3.8cmのものです。
※ウォールナットもあります(^^♪そちらも素敵でした。

表面はオーク材の突き板、アクリル樹脂ワックス。

基本素材は、パーティクルボードです。

実際にIKEAのキッチンでも使われているものなので、耐久性はあると思われます。

層になっていて、無垢材に比べてたわみや反り、割れの発生がしにくいそうです。

今回一番高かったのが、このワークトップで、このサイズでお値段が17,900円(税込)でした(;^ω^)

とは言っても、とても良い品なので満足感が違います
(この品質で、むしろ安いと思われます)
ikeakoppann
チェストは、“KOPPANG/コッパン”の引き出しが3つあるタイプのものです。
人気商品ですよね

こちらは、高さが83cm、奥行が天板で46cm、幅は90cm。
お値段は14,990円(税込)でした!

※チェストについては、後日、もう少し詳しくご紹介しますね。
ikeaghjadsa
ワークトップの奥行が45cmなので、チェスト天板の奥行が1cm余ります。

私的には、ピッタリよりも少し余裕があって良いかなと。

ワークトップをそのままチェストに乗せても重いのでビクとも動きませんが、ネットで色々と調べてみたところ、ラグなどの滑り止めをトップと天板の間に挟んで乗せるという方法を知ったので、私もそうする事にしました

全然動かないです。

が、地震の時にこれだけでは不安なので、目立たない部分にL字型の金具を取り付けて、ワークトップとチェストを固定しておきたいと思います。(こちらも後日、記事に出来ればと思います)

このチェストを選んだ理由ですが、ワークトップの約半分の長さ90cm分を、ゴミ箱スペースに当てたかったので、サイズ的にハマるこちらに決めました。

また、高さも83cmとダイニングテーブルよりも高く(実際はワークトップの厚みもプラスされる)、作業台として適度な高さもあったので。

取っ手が2個あるので、食器収納には向いてないかな?(^_^;)とも思いましたが、サイズ的に他に無かったので、とりあえず購入しました。

また別記事で、使い勝手や工夫しなくてはいけないところなど、書きたいと思います~☆


ワークトップの片側は、2本の脚で支えています。
ikeaolov
1本1,000円(税込)の伸縮式の脚“OLOV/オーロヴ”は、最高90cmの高さまで調節可能です。
ikeahkhjksasa
最初に脚の台座をワークトップにビスで固定し、脚をクルクルと回して取り付ける形です。
不慣れでしたが、意外とあっさり付きました
ikeaaasdasd
電動ドリルがあった方が良いです。

下部の部分で高さの調節が出来るようになっているのですが、IKEAのHPのレビューやネットの声など参考にさせていただき、何とかちょうど良い高さで固定する事が出来ました(;^ω^)

高さ調節には、少しコツが要るかもです(^^;)

全ての脚の高さをピッタリに揃えるのは、なかなか難しいです。

私の場合、チェストとこの2本を合わせるだけなので、比較的簡単に出来ましたが、脚4本それぞれとなると、平行にするのにコツが要ると思われます。出来ない訳では無いと思います



と、私の場合、こんな感じで作ってみました!

“つくり”はとても単純で、ワークトップ、チェスト、脚、を組み合わせるだけです。

費用は全部で約35,000円程でした!
組み立てる手間はありますが、自分で作ったという満足感があります


ワークトップをチェストと2本の脚だけで支えているので、大きなオーブンなど、あまり重たいものを乗せる事は出来ないという難点はありますが(耐荷重の問題で)、自分的には低重心のカウンター式でゴミ箱スペース“あり”、という理想の形の背面収納に出来たので満足です

★本来の使い方では無い“私的な造作物”となりますので(;^_^A
安全性など重視の方は(特に小さなお子さんのいるご家庭では)十分ご検討していただいて、上記のように造作される場合は、あくまで自己責任という事で宜しくお願い致しますm(__)m
DIYがお得意で、もっと頑丈な固定の方法がありましたら、ぜひコメント欄からお教え願いますm(__)m



明日以降に、チェストの中や、上に取り付けたウォールシェルフの事など、記事に書きたいと思いますので、宜しければまた見に来ていただけますと嬉しいです

長くなってしまいましたm(__)m

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m


ランキングに参加しています♪
宜しければ、ポチっと応援クリックいただけますと大変嬉しいです(*^^*)


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

インスタグラムもご登録よろしくお願いします♪
https://www.instagram.com/daisukihokuou/


ご訪問いただきありがとうございました(*´▽`*)