小さなこだわりというか、ホント、どうでもいいくらい小さな事なのですが、
リフォームする時に、和室の襖の“引き手”を丸から四角に交換してもらいました!
20140911100322223.jpg
当時、何となく襖の引き手は、“丸”より“四角”の方が、ザ・和室感を和らげてくれるような気がしました、、、(^_^;)
小さすぎる事なので、家族は「ふ~ん、そうなんだぁ」と、どうでも良さげな反応ですが(笑)

これは、少しでも和室が和室っぽく見えないように!とういう私の小さな抵抗でした(^_^;)

と言うのも、和室がリビングと隣り合っている間取りのため、子供が小さなうちは和室もリビングの一部のように同じ空間として使いたかったという理由があります。

リフォームの際に、思い切って和室を洋室に変えようか悩んだのですが、やはり和室があった方が何かと便利だなぁと。
取り込んだ洗濯物をそのままバサっとしておけるし、布団も敷けるし。
とりあえず、そのままにしておこうという事に。
 

なので、いざとなったら襖で区切れるリビングの一部、というイメージで和室を使えれば良いなぁと思っていました。

細かい部分としては、襖も和室の壁紙も全てリビングと同じ壁紙にしました!
20140911100319024.jpg
つまらないかなぁとも思ったのですが、アクセントクロスとかにしない限り、普通の白い壁紙の違いってあまり分かりませんね(^_^;)

引き手自体もあまり浮かないように色はシルバーに!
20140911100320d42.jpg
交換前は、丸&黒だったので、だいぶ印象が変わりました!

ファンシーな引き手&洋風な引き手!
 
 

襖を閉めて、リビング側から見るとこんな感じです。
2014091110031677a.jpg
このように、普通の襖なので、閉めると引き手も丸出しです。

欲を言ったら、リビングとの境の部分は普通の引き戸が良かったかな(^_^;)

でも、この襖のおかげで臨機応変に部屋を仕切れるので、無くてはならない存在です。
20140911100317d20.jpg
まぁ、元々リビングでは無いですからねぇ(^_^;)

広いリビングにとても憧れますが、子供が小さいうちは和室も入れてリビング的な空間として使えるので、
まだそんなに息苦しさは無いです(^_^;)

が!!
これが、子供が大きくなった時に、この和室を夫婦の寝室として使うようになれば、かなり窮屈なリビングになります(*_*)

今のうちだけ、少しでも広く使っておこうと思うのでした~。
にほんブログ村 トラコミュ 家づくりを楽しもう!へ
家づくりを楽しもう!
にほんブログ村 トラコミュ ステキに暮らす♪へ
ステキに暮らす♪
にほんブログ村 トラコミュ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
最後に“ポチ”っと応援クリックをいただけると大変嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ

いつもありがとうございます(*^_^*)